スマホ版
 
 

ページの一番下へ
フィードバック

RCランス VS LOSCリール・メトロポールの試合分析

Posted Tue, 04 Jan 2022 01:54:17 GMT    

RCランス VS LOSCリール・メトロポールの試合分析

フランスカップ‐RCランス VS LOSCリール・メトロポール
試合時間:2022年1月5日 (水) 05:00
#試合情報#ライブスコア#最近対戦#勝敗予想#オッズ分析


RCランス:
有利情報:

1. 今季リールとの初対戦で1-0で相手に完勝して、対戦心理が有利だ;
2. 今季ホーム戦で僅かな1敗だけ収め、その期間中で意外にパリ・サンジェルマンとも引き分けて、ホーム戦のパワーがすごかった;
3. この間19節のリーグ戦で僅かな3試合だけ得点がないで、合計33ゴールの得点数がリーグ内4位におる。
4. FWムインガ(15試合6ゴール)は連続2試合も得点を果たして、現在はチームのシューターの中で暫定1位。
不利情報:
1. いままで19節のリーグ戦で、守備枠は4回の零封だけできて、現在まで総失点数(失点28)がリーグ戦の六位だ;
2. 過去7試合で1勝だけ収めだけではなく3敗も喫した。戦闘力弱かった。

LOSCリール・メトロポール:
有利情報:

1. 連続11試合まで不敗を保ち、リーグ戦、フランスカップとヨーロッパチャンピオンリーグまで3大会同時参戦;
2. 今まで19節のリーグ戦でただ4試合だけ得点できず、過去6試合の中で13ゴールまで獲得した;
3. カナダ人のFWジョナサン・デイヴィッド(25試合15ゴール)は過去5試合の中で4ゴール収め、現在はフランスリーグアン・ベストシューターランキングの暫定一位;
4. 過去5試合までのアウェイ戦で不敗しながら 4勝まで収め、アウェイ戦の作戦能力が強化された。
不利情報:
1. 19節のリーグ戦で、僅か2回だけの零封が果たして、ディフェンスのクオリティ(平均失点1.37)はリーグ内で中の下;
2. 半分以上の得点もFWジョナサン・デイヴィッド1人が取って、ほかのメンバーはまだ追いつかない。進攻面が広くない。

 

Copyright © 2022 Powered By www.goaloojp.net All Rights Reserved.